地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ


石鎚山山頂から

石鎚山山頂から

石鎚土小屋登山道から

土小屋から

伊吹山から
瓶ヶ森(かめがもり)
愛媛県西条市東之川/高知県いの町
標高1897m
▲山頂(女山)の三角点
点 名 亀ケ森
種別等級 二等三角点
地形図 高知-石鎚山
緯 度 33°47′40.5861 
経 度 133°11′35.7278 
標 高 1896.54m
所在地 愛媛県西条市東之川山字元山乙230 (俗称 瓶ケ森)
石鎚山連峰に属する瓶ヶ森は、石鎚山から東に8kmほどの場所にある、石鎚山(1982m)、二ノ森(1929m)に続く県下第3位の標高を誇る名山です。

石鎚国定公園、日本三百名山、四国百山、四国百名山。

登山者の姿も石鎚に次いで多く、季節を問わず、数多くの登山者に愛されています。
瓶ヶ森林道を利用すれば、(林道がクローズする冬季を除き、)標高1680m付近にある登山口も楽にアクセスすることができます。
登山経験のない方から体の不自由な人でも、石鎚をバックに拡がる笹原など、絶景を楽しめる優しい山になっていることが瓶ヶ森人気を支える一因になっています。

林道が整備される以前は、東之川・西之川登山口などから3、4時間かけて登らないと、山頂に拡がる絶景を楽しむことができませんでした。
けれど、厳しい冬でさえ、山スキーを背負ったスキーヤーが白銀のスロープを求めて山に入る姿や、大学や高校の山岳部が雪上訓練登山で雪原に野営する光景などがよく見られました。
林道からの楽楽登山がメインになった今でも、東之川や西之川、菖蒲峠からの登山道は整備され、利用されています。

長い登山道の上がり口にはそれぞれキャンプ場があり、2軒の山小屋(瓶ヶ森ヒュッテと白石小屋)が建っています。
なお、山小屋はどちらも通年営業していません。
営業期間中でも繁忙期を除き、無人で閉まっている可能性もありますので、宿泊には前もっての問い合わせが必要です。
瓶ヶ森ヒュッテ
連絡先 0897-56-0537
営業期間 4月下旬~10月中旬
収容人数 50人
宿泊料金 6500円 素泊まり3800円
キャンプ場 30張 一人400円
白石小屋
連絡先 0897-53-0007(土小屋白石ロッジ)
営業期間 4月中旬~11月下旬
収容人数 50人
宿泊料金 7000円 素泊まり4000円
キャンプ場 20張
近隣には、シラサ峠にある山荘シラサやしらさ峠避難小屋、土小屋にある白石ロッジも利用できます。

瓶ヶ森には男山と女山のふたつのピークがあり、1896.22mの最高地点は女山です。
鎖場もある男山は南面が切り立つ岩山で、女山はササに覆われたなだらかなドーム状です。
どちらのピークにも権現様の祠が祀られています。
瓶ヶ森も古くから山岳信仰の対象でした。
石鎚山に奉られている石鎚権現は元々この瓶ヶ森にあったものを移したとの言い伝えもあります。
石鎚山が女人禁制だった頃は、女性にとって石鎚山を真横から遥拝できる地でもありました。
女山から直線距離で1.7km離れた場所に聳える岩峰・子持権現山を合わせた三位一体(男と女と子)です。

権現様の祠が祀られたことから、古くは旧権現山と呼ばれ、また、明治期の地図には“布留権現山(ふるごんげんさん/やま)”と記されていました。

瓶ヶ森人気の最大の要因は、山頂部に拡がる「氷見二千石原」と呼ばれるスロープ状のササ原です。
ササ原に立つ白骨林、その奥に石鎚山、という構図は切手を始め、写真でもいろんな所で目にします。
氷見二千石原は、今治、周桑、西条市街からも緑色の高原のように見えるほどの規模です。
オモゴザサのササ原にシコクシラベやウラジロモミなどの自然林が次第に混在する亜高山帯の植生が特徴です。
麓に降りるにつれ、針葉樹の植林へ変わります。

運が良ければレッドリスト級の貴重な野生鳥獣にも出会えるでしょう。
鳥類は、絶滅のおそれのある大型猛禽類のクマタカを始め、南限の個体群として重要なビンズイ、カヤクグリ、ルリビタキ、メボソムシクイ、ホシガラスなどなど。
哺乳類では、天然記念物に指定されているヤマネを始め、ヤマネ、ニホンモモンガ、ムササビ、ニホンリスなどなど。
一帯は石鎚山系鳥獣保護区石鎚山系特別保護地区に指定されています。
当然ですけど、動植物の採集や土壌の汚染などは厳禁(国定公園内なので自然公園法によって最大一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金)です。

瓶ヶ森林道の全面舗装化以来、入山者も増加していますし、周辺の林道沿いは土砂崩れが頻発し、森林が回復していない部分も多数見られます。
ササ原の登山道は雨に浸食されやすく、歩道が水道(みずみち)に代わり、岩や石が露出しているカ所もあります。
歩きにくいからと、ササの中を勝手に歩いてしまうと踏み跡ができてしまい、登山道と勘違いした後続の人々によって踏み荒らされ、結果、雨の浸食を受け、ササ原の荒廃が進んでしまいます。
実際、多数の踏み跡があり、立ち入り禁止の看板もたくさん立てられています。
亜高山帯の自然はとてももろくて壊れやすく、回復にはとても時間がかかります。
オーバーユースが問題視されないよう、山でのルールやマナーを守って楽しみましょう。
また、麓を歩くハイカーらの笑い声は意外と山頂まで届いてたりします(その逆も)。
動物たちをびっくりさせない心配りも大切です。

山頂付近
伊吹山(いぶきさん)
愛媛県西条市東之川/高知県いの町
標高1502m
▲山頂の三角点
点 名 元山
種別等級 三等三角点
地形図 高知-石鎚山
緯 度 33°45′49.8015 
経 度 133°10′37.2832 
標 高 1502.82m
所在地 愛媛県西条市西之川山字元山丁664 俗称 伊吹山
伊吹山は石鎚山土小屋登山口と瓶ヶ森の中間にあるお山です。

石鎚国定公園。

登山道は石鎚~笹ヶ峰縦走路の一部です。
東側から登ると、瓶ヶ森林道からほんの数分で山頂に立つことができます。
アクセスと登山の容易さから、遠足や面河にある少年自然の家に泊まった児童らも訪れます。

山頂部はササ原に覆われ、見晴らしは抜群で、石鎚山、筒上山、瓶ヶ森、西黒森など石鎚連峰が一望です
しまなみ海道までもはるかに見渡せる一方、振り返れば高知県側の山並みが数多く連なる姿を目にすることもできます。
土小屋や瓶ヶ森に比べ、ぐんと登山者が少なく、その分、静かに絶景を独り占めも。

ササ原に降った雨水は自然林に濾過され、加茂川や吉野川へと流れ下ります。
伊吹山はそんな源流域のひとつです。
↑マウスで移動、拡大・縮小できます。↑
21.3km 23km 5km 加茂川橋
33.2km 川内 4km 西条氷見 2.7km
32.6km
黒瀬峠 7.4km
13km 中野大橋 3.7km
陰地線
久万 14km 菖蒲峠 12.3km 藤之石
12.3km 西之川 瓶ヶ森線
12.3km
瓶ヶ森線
美川上黒岩 4.2km 9.2km 10km 17.3km 9.2km 16.6km
七鳥 面河河口 関門 土小屋 寒風山隧道
土小屋へ
JR四国バス
松山高知急行線線
伊予鉄南予バス
面河・石鎚土小屋行き
松山駅
伊予鉄バス
森松・砥部線
久万営業所 石鎚土小屋
松山市駅
面河~石鎚土小屋間は季節便のため、4月1日~11月30日の間、
春休み(4/1~4/7)
┼毎日運行
お山開き(7/1~7/10)
夏休み(7/21~8/31)
上記以外は土日祝日振替休日のみの運行です。

西之川、東之川へ
JR予讃線
松山駅
西条駅

↓せとうちバス
↓西之川行き
西条駅 西之川
JR四国バス →伊予鉄 →せとうちバス
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system