地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ


砥部町岩谷口・国道33号線上から
遠ヶ森(とおがもり)
愛媛県松山市久谷/砥部町大平
標高740m
別名・尖り山、権現山
▲山頂隣の頂の三角点
点 名 遠ケ森
種別等級 三等三角点
地形図 松山-松山南部
緯 度 33°42′43.9038
経 度 132°49′19.9203
標 高 728.02m
所在地 愛媛県伊予郡砥部町大字大平字遠ケ森乙692番地
遠ヶ森は、砥部や久谷から見ると山頂部が尖って見えることから、古い資料では“尖山”と記されています。
いまでも遠ヶ森より、尖り山と呼ぶ方が馴染み深いかもしれません。
“尖森”という記述や、“塔”の字を用いて“塔ヶ森”と記されている資料もあります。
「とんがりやま」が「とんがりもり」とも呼ばれ、「とうがもり」となり、「尖」が「塔」になり、「遠」に変化したのかも知れません。
※現代は漢字の違いにもこだわりがちですけど、明治以前は人名も地名も「音」=読みが重要で、漢字は当て字だらけだったりします。

国道33号線を三坂峠に向かう途中にあり、地理的には黒森山から北に向かって延びる、砥部と久谷を分かつ山並みに位置しています。
現在工事中の三坂道路の第2三坂トンネルが西麓を南北に貫いています(つづら川~大平間)。

山林は植林された針葉樹人工林が主です。
山頂の北東にある「久谷ふれあい林」はえひめ森林浴八十八ヶ所の46番で、昭和41年に開催された全国植樹祭の跡地です。
昭和天皇、皇后両陛下がお手植えされた木木が今もすくすくと育っています。
※但し、平成20年11月まで、森林整備等のため、関係者以外立入禁止となっています。

標高600m付近までは林道や作業道がありますが、そこから山頂に向かう明瞭な登山道はありません。
尾根を伝い、アクセスします。
麓の町から尖って見える山頂部の天辺は狭く、祠が祀ってあります。
三角点は少し離れた別のピークにあります。
↑マウスで移動、拡大・縮小↑
19km 800m
大平 300m 大久保 遠ヶ森
大平 200m
1.6km
伊予鉄バス
久万営業所行き
松山市駅 砥部大平 大久保坂
伊予鉄道
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system