地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ

(写真左から)岩子山、経ヶ森、護摩ヶ森。
大丸山(梅津寺)にて。
経ヶ森山頂の観音様を護摩ヶ森から
梅津寺登山口から、岩子山 経ヶ森山頂から、護摩ヶ森
経ヶ森(きょうがもり)
愛媛県松山市高浜
標高203m
※三角点はありません。
岩子山(いわこやま)
愛媛県松山市高浜
標高181m
※三角点はありません。
護摩ヶ森(ごまがもり)
愛媛県松山市太山寺、石風呂
標高約170m
※三角点はありません。
経ヶ森岩子山護摩ヶ森は、四国八十八カ所霊場第52番札所太山寺を中腹に抱く太山寺丘陵に南部に属するお山です。
山を越えて西側の高浜、梅津寺の沖には、興居島が指呼の差に浮かんでいます。
経ヶ森山頂は松山界隈の山多数を一度に捉えられる稀なる場所です。
北からなぞれば、高縄山を頂点とする北条風早の山山、松山市の最高峰・明神ヶ森から東三方ヶ森、石鎚山、東温アルプス、道後平野に点在する山山、黒森山・障子山・谷上山、明神山から双海の山並…。
視線を海へ転ずれば、興居島の小富士、中島、更に対岸は広島県の海岸線まで多岐にわたります。
(太山寺側を除く)登山道にも瀬戸の多島海美を眺められるビューポイントが点在しています。

経ヶ森の名は、聖武天皇自ら金光明経と法華経の写経を山の頂に埋めたという伝えから名付けられました。
護摩ヶ森は、弘法大師が護摩供を修せられた場所だと伝えられています。
小岩山の由来は分かりませんが、梅津寺からの登山道沿いや山頂には、小石が集まって岩(巌)となった大きなさざれ石が見られます。

松山観光港から経ヶ森を越え、太山寺に至る道はその昔、太山寺高浜道と呼ばれ、海と山に囲まれた高浜の人々にとって大切な生活道でした。
太山寺本堂建立の材料もこの道で運ばれました。
高浜の港に着いた遍路らもその道を経て太山寺へお詣りしました。
今でも遍路道として利用されています。
松山観光港前に“太山寺高浜道の由来”という碑が立っています。

太山寺は、本堂が国宝に指定されている名刹です。
開基は真野長者と呼ばれる、神のお告げで開運して炭焼きから長者になった豊後の国の不思議な人物で、瀧雲山(経ヶ森)の山頂から差した五色の御光によって難破を逃れたお礼に、豊後の国から人も木組みも運びこみ、一夜のうちに本堂を建立した「一夜建立の御堂」の話が伝わっています。

太山寺の観音様にあやかり、高浜から太山寺までの登山道沿いにはミニ西国三十三ヶ所観音巡りの石仏が並んでいます。

松山観光港への高浜トンネルが経ヶ森と岩子山間の登山道直下を通っています。
↑マウスで移動、拡大・縮小↑
太山寺
松山観光港 3.5km 内宮
1km 5km
高浜 経ヶ森
1km
護摩ヶ森
梅津寺 岩子山
2.8km
松江橋 3.8km 消防局前
  2km
伊予鉄道
高浜行き
松山市駅
梅津寺
高浜
伊予鉄バス
高浜駅前行き




松山市駅 梅津寺 高浜駅前
伊予鉄バス
太山寺行き
松山市駅 太山寺
※大山寺行きは上り下りとも1日4便。
伊予鉄
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system