地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ

梅ヶ谷山から
白猪山(しらいやま)
愛媛県東温市/久万高原町
標高1201m
▲山頂の三角点
点 名 白猪
種別等級 四等三角点
地形図 松山-松山南部
緯 度 33°44′43.3172
経 度 132°58′19.7397
標 高 1201.08m
所在地 愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬6ケン小屋乙512
法師山(ほうしやま)
愛媛県東温市/久万高原町
標高1310m
別名・法師権現
※三角点はありません。
白猪山法師山は、皿ヶ峰連峰の東端域に連なるお山です。

皿ヶ嶺連峰県立自然公園。

白猪峠と石墨山の間にあり、お山というより、稜線上のふたつのピークといった感じです。
ブナなど広葉樹が多く、その根元をササ原が覆う深い森に包まれ、植生も豊かです。
豊かな森がため込む膨大な水が白猪の滝や唐岬の滝など、大小の滝や清流を形成し、麓の集落を年間通して潤しています。

このエリアには白猪峠や、石墨山手前の石墨分岐からアクセスします。
白猪峠は、同じ皿ヶ峰連峰内の井内峠や上林峠のように直接、乗り付けられません。
久万の直瀬からは林道で近づけるものの、東温側は620mほどの標高差がある白猪の滝から登ります。
石墨分岐も離れた唐岬の滝や黒森峠から登り、直前にロープが設置された急坂が待っています。
皿ヶ嶺や石墨山、善神ヶ森、梅ヶ谷山と比べ、アクセスが不便な分、入山者が少なく、静かな山行が楽しめます。

白猪峠に近い白猪山は、その名の通り、白猪の滝の源流のお山です。
痩せ気味の尾根の上に頂があり、北斜面は木木に覆われているものの崖状に急傾斜となっています。

尖って見える法師山は、山頂直下に急坂があり、地元有志が設置したロープや、迂回路も設定されています。
山頂から石墨分岐までは傾斜も楽になり、岩尾根では見晴らしも楽しめます。

石墨分岐は、連峰東部の主、石墨山山頂に向かう縦走路と唐岬の滝、黒森峠からの登山道が出会う場所です。
ササ原になっていて山を越える風が心地よく、見晴らしも最高です。

皿ヶ峰連峰の縦走路は、地元ボランティアにより、ササ刈り、倒木撤去などが毎年、縦走路のいずこかで行われています。
歩きやすくなった稜線上には道標や案内の設置も進み、迷走の心配も少なくなり、安心して歩けます。
↑マウスで移動、ホイールで拡大・縮小↑
11.2km 河之内
33km 4.4km
白猪の滝 9.2km
唐岬の滝登山口 2.4km 黒森峠
白猪峠
5.4km 白猪山 法師山
700m
直瀬
7km 1.2km
3.5km 4.5km
1km 3km 2.6km
河合 嵯峨山 古岩屋
伊予鉄道
松山市駅
横河原

↓伊予鉄バス
↓白猪滝口行き
横河原駅前 白猪滝口
伊予鉄道
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system