地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ

美川峰から

山頂のドーム
中津明神山(なかつみょうじんさん)
愛媛県久万高原町/高知県
標高1540.6m
別名・中津山、明神山
▲山頂の三角点
地形図名 上土居
種 別 一等三角点
点 名 中津明神山
緯 度 33°34′31″.9862
経 度 133°2′47″.9241
標 高 1540.56m
所在地 高知県吾川郡仁淀川町大字上名野川明神1727番11
愛媛・高知県境にそびえる中津明神山は、並び立つ山がそばになく、山また山の風景の中にあっても独立峰のようで、ひときわ目を惹く存在感あるお山です。

国土交通省が建設した山頂の雨量観測用巨大レーダードームは石鎚山系からもよく見え、山座同定のとてもいい目印になっています。

中津渓谷県立自然公園(高知)。

山に降った雨が名野川集落を流れ下る仁淀川支流の中津川が描く中津渓谷の造形美は見事で、石柱や雨滝など、見所もたくさんです。

中津渓谷の先にある高原、吾川スカイパークでは、キャンプやパラグライダー、マウンテンボードが楽しめます。
パラグライダーの離陸ポイントはスカイパークの緑の大スロープの他、山頂直下にもあります。

麓は、モミやツガ等の針葉樹とカエデ、トチノキ等の広葉樹が混交する豊かな森林地帯。
標高1300m辺りから山頂にかけては笹原が拡がり、大川嶺や四国カルストと似た風景が拡がっています。

民家は面河川が流れる山裾に点在し、戦後までは紙の原料になるミツマタなどが盛んに栽培されていました。
↑マウスで移動、拡大・縮小↑
松山
58km 山頂
中津 16km
9km
14km
折戸 高知県仁淀川町
名野川
名野川へ
JR四国バス
松山高知急行線
黒岩観光バス
佐川行き

大渡・落出行き
松山駅 落出 名野川 JR佐川駅
名野川~上名野川まで、
市町村合併前は吾川村営バスが走っていました。
訪れた2006年5月末も停留所がありました。
上名野川まではバス利用が可能かも知れません。

折戸へ
JR四国バス
松山高知急行線
松山駅 折戸 JR佐川駅
JR四国バス →黒岩観光バス(仁淀川町役場HPから)
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system