地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ

北条港渡船乗り場から
雄甲山から
波妻の鼻・長浜海水浴場から
新城山から

高縄山から
鹿島(かしま)
愛媛県松山市辻鹿島
標高114m
▲山頂の三角点
点 名 鹿島
種別等級 四等三角点
地形図 松山-松山北部
緯 度 33°58′25.9628
経 度 132°45′49.496
標 高 114.04m
所在地 愛媛県松山市大字辻字鹿島1596の2番地
鹿島は、旧北条市の沖合に浮かぶ小島です。

国立公園(昭和31年(1956)5月指定)。
えひめ森林浴88ヵ所 59番。

北条港の250m沖合にあり、周囲1.5km(松山城の堀之内にすっぽり収まります)、山頂の標高は114mです。
(港との距離は、各種資料では400mと紹介されていますが、島、港ともに護岸化、埋め立てが進み、渡船の航路上でも300m足らずです。)
「伊予の江ノ島」との別名もある鹿島は、北条・風早地区を中心に海水浴や遠足で一度は訪れたことがあるだろう、広く愛されている島です。
北条港から市営の渡船が、2、30分置きに朝7時から夜は9時(夏は10時)まで頻繁に結んでいて往来がとても便利です。
釣り、散策、森林浴、野生のシカの見物のほか、名物の鯛めしを味わうためや、春秋は祭り、夏は海水浴やキャンプなど年間を通じて多くの人が島に渡っています。

古くから伐採を禁じられてきたため、植生が豊かで、クスノキ、ヤマモモ、タブノキ、シロダムなど暖地性常緑照葉樹を中心に約260種の植物が繁茂しています。
豊かな森の主は“鹿島”の名の由来にもなっている、県指定天然記念物の野生のシカです(昭和23年(1948)10月指定)。
シカは昔から生息していて、九州の屋久島にいるヤクシカに近いニホンジカの亜種で、ひとまわり小さくて可愛らしいです。
小さな島なのでエサ不足で頭数の上下が見られ、明治・大正頃は「シカ守り」と呼ばれる人を配置し、エサを与えて保護していました。
ちなみに、明治時代、シカ守りさんが島に渡るのに使っていた手漕ぎ舟に客を乗せたのが渡船の始まりです。
昭和35年(1960)からは一部を柵の中で保護育成飼育しています。
島内のあちこちで何度でも出会えますが、憶病なので、島の売店で売られてるシカのエサでもないと近付くことも、近くに来てもくれません。
登山道脇に金網が巻かれた若木が多数あるのはシカによる食害防止のほか、角の成長が止まると袋角という保護していた皮をはぎ取ろうと角を木に擦りつける行動から保護するためです。
立派な角が見られる期間は短く、毎年10月に行われる「ツノ切り」という行事で、観光客の安全を守る目的で切り落とされます。

周囲1.5kmの海岸線は波による浸食で凹凸と変化に富み、洞窟状にえぐれていたり、小さな入り江を小橋で渡たるような場所がいくつもあります。
黒岩・梅の木谷・犬戻り・淡紅洞・水晶ヶ浜・長磯・石門などの名前が付けられています。
けれど、その浸食・風化しやすい地質が災いし、周遊道は落石・崩落の危険があるとして現在、通行止めになっています。

島の歴史は古く、『日本書紀』に登場する神功皇后が三韓征伐の途中に鹿島に立ち寄って支度を整え、神々に戦勝を祈願したという神話を秘めた、山頂の「御野立の巌(おのだちのいわお)」という岩や、東海岸の「神洗磯(かみあらいいそ。“髪”洗磯の表記もあり)」と云う場所があります。

山頂には鹿島城と呼ばれた中世城址があります。
築城者は不明ですが、一説では、天智2年(663)の白村江の戦いで敗れた大和朝廷軍が、海防のために対馬・筑紫・瀬戸内海に城を築ましたが、瀬戸内海に築いた3つの城、大三島尼崎の上門島、大島中途の中門島、風早の鹿渡島(下門島)のうちの鹿渡島がこの鹿島だと云われています。
河野氏が伊予を治めていた頃の鹿島は島全体が河野水軍の拠点となっていました。
建武年間(1334~1336)に、河野通盛が道後の湯築城へ本拠地を移すに当たり、海からの敵の侵入を防ぐ目的で、現在も残る階段式連郭構造の城砦を築いたのは、風早郡那賀郡の地頭職だった今岡四郎通任によると云われています。
城主については、河野通友、通重、通儀、通興、通定、通秀の名が記録に見られます。
豊臣秀吉の四国攻めに先だって小早川隆景が鹿島城を調べさせた記録(萩藩閥閲録)も残っています。
四国攻めでは、河野氏から離反していた来島通総が豊臣方の先鋒として活躍、戦後、風早1万4千石を領有するとともに、鹿島城主に任ぜられました。
城代は二神豊前守から通総の兄の得居半右衛門尉通之と変わりますが、朝鮮出兵で通之(文禄の役)、通総(慶長の役)が相次いで戦死。
通総の子の康親(長親)の代となったものの、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは豊臣方に味方していたため、康親は豊後の森に転封され、鹿島城は廃城となりました。

鹿島城跡の山頂(一の平)には展望台が設置され、高縄山の雄大なすそ野に拡がる北条の街並みや、瀬戸の多島美など、素晴らしい眺望を楽しむことができます。

毎年5月に行われる「北条鹿島まつり」も河野水軍時代の名残りが垣間見られる行事です。
愛媛県指定無形民俗文化財の指定を受けている伝統の「櫂練(かいねり)踊り」は、河野水軍の戦勝祈願や、凱旋時の祝勝奉賛が始まりと云われています。
提灯や幟で飾り立てた「櫂練り船」では奉納の踊りが舞われ、お神輿を載せた2隻の「お供船」は転覆しそうなくらい、船を左右に揺らします。
鹿島沖の小島、玉理・寒戸島にかかる大注連縄の張替は、高縄城城主・河野通信が龍神を勧請、海上安全と五穀豊穣を祈ったのが始まりと云われています。
長さ30㍍以上、直径40㌢もの大きな注連縄が張り替えられます。

島の東部に桟橋や博物館、売店、宿泊施設が集まっています。
鹿島鉱泉という温泉の源泉も発見され、国民宿舎「鹿島荘」に引湯されていましたが、国民宿舎は長年の赤字で取り壊されました。
島の名物・鯛めしで有名で太田屋は宿泊も可能です。
鹿島博物展示館には海で見つかったナウマンゾウの化石などが展示されています。
鹿島神社は、茨城県の鹿島神宮を勧請したとも云われていますが、創建について書かれた資料は残っていません。
境内には、鹿島信仰と切り離すことができない「要石」が祀られ、地震を起こす大ナマズを押さえて動けないようにしている石です。
近年、島の南部が整備され、散策できる護岸やキャンプ場施設、海水浴場向けの砂浜ができました。
↑マウスで移動、ホイールで拡大・縮小↑
~ 渡船 ~ 400m 北条駅前交差点
鹿島 渡船乗り場 600m
土手内 700m
10km
10km
平田
6km
JR予讃線
西条・高松行き
松山駅
伊予北条駅
伊予鉄バス
北条線北条行き


松山市駅 北条鹿島前

北条港鹿島渡船乗り場へ
伊予鉄道 →JR四国(鉄道)
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system