地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ


福見寺に至る林道から

塩ヶ森から
河原樋山(からびやま)
愛媛県松山市川の郷町/東温市山之内
標高864m
別名・多金ノ森。
▲山頂の三角点
点 名 東山
種別等級 三等三角点
地形図 松山-松山北部
緯 度 33°52′18.3369
経 度 132°52′53.8135
標 高 864.28m
所在地 愛媛県東温市大字山之内字山ノ神谷乙1244番地
河原樋山の名は現代の地図には見られませんが、明治に著された『山之内村地誌』に登場する古い山名です。
“河原樋”は“からび”と読みます。
山のすぐ東にある谷が河原樋谷といい、こちらは現在も地図に載っています。

無名の山らしく、れっきとした登山道はありません。
松山市側からは四電の送電鉄塔巡視路や、福見川地区から今治谷集落を経由したり、遠回りですけど福見寺参道(福見山・明神ヶ森登山道)参道からも林道で訪れることができます。
林道から山頂に至る道は、かすかな踏み跡だけです。
読図、方向感覚に自信のない方は迷走するおそれがありますので注意して下さい。

訪れる人は山林管理者以外、ほとんどいない静かなお山です。
山全体、針葉樹の深い植林に覆われ、水源の森として保護されています。
松山・東温の市境が通る峰に位置し、明神ヶ森、福見山方面から連なる市境は河原樋山から南へ向きを変え、岩伽羅山をピークに高度を下げ、道後平野へ降りて行きます。

山のすぐ北麓にある今治谷集落は、福見川地区から1時間ほど山道を登った山間の開けた場所にあります。
遙かに高縄山を望む地には現在、民家が1軒だけ残っています。
そこからもう少し登るとアカガシの巨木に逢えます。
根回り8.3m、胸高幹周6.3m、樹高25m、樹齢300年を越えると推定され、松山市の天然記念物に指定されています。
傾斜地さえものともしない根、隆々たる筋肉のような無骨で太い枝振り、それを支える頑丈な幹。
見るものを圧倒する存在感はまさに“山の主”そのもの。
一見の価値あり、です。
また、福見川の新宮神社にも巨木があります。
三本杉と呼ばれる、実際は2株の杉は、胸高幹週は12mと8m、樹高は55mと50m、樹齢は約360年とも伝えられる、これまた松山市指定天然記念物です。
横にあるお社が小さく見えるほど、息をのむ大きさで、圧倒的な存在感に言葉を失うほどです。
同じく、必見です。
↑マウスで移動、拡大・縮小できます。↑
15km 河中
福見川町
今治谷登り口
1.7km
河原樋山
伊予鉄バス
米野々行き
松山市駅 河中
伊予鉄道
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system