地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ


農免道路360°ループ部分から
重茂山(じゅうもさん)
愛媛県今治市玉川町與和木/大西町山之内、宮脇
標高約294m
別名:重茂山、重門山、十文字山
※三角点はありません。

重茂トンネル西口から
無宗天山(むしょうでさん・むそうでさん)
愛媛県今治市菊間町佐方、種
標高315m
※三角点はありません。

北麓白岩地区から
高仙山(こうぜさん)
愛媛県今治市菊間町池原、種
標高248m
別名:子瀬山、高畝山
▲山頂の三角点
点 名 子瀬山
種別等級 三等三角点
地形図 広島-今治西部
緯 度 34°1′57″.3676
経 度 132°52′31″.3063
標 高 248.37m
所在地 愛媛県今治市大字種2464番
重茂山無宗天山高仙山は、旧越智郡の菊間、大西地域ではとてもなじみ深い山山です。

「えひめ森林浴88カ所」62番(重茂山)。

高縄山系、高縄山地周縁部の北西部、斎灘に向かって下る丘陵・菊間丘陵と呼ばれる大起伏山地に位置しています。
一帯は花崗岩類の地質ですが、重茂山、無宗天山、高仙山ともに、花崗岩地層からマグマが噴出してできた火山岩類の岩体です。
そのため姿の美しい円錐形をしています。

丘陵から突出しているため、見晴らしが良く、地の利を生かすように、伊予豪族・河野氏の城砦が築かれていました。
重茂山、高仙山の城址は史跡指定されています。
いずれの城も天正13年(1585)、秀吉の四国攻めで落城しました。

重茂山は二つの峰に分かれていて、東の峰には高田左衛門尉通成が居城した重門山城、西の峰には岡部十郎国道が守る重茂山城がありました。
遊歩道で登れるのは西の峰で、山頂には削平された郭の跡が残り、祠が祀られています。

無宗天山は、城主波頭隼人正が居城した無宗天城が築かれていました。
重茂山に比べると、無宗天神社が祀られた山頂の郭跡は狭いですが、瀬戸の多島海を見晴らすパノラマが見事です。

高仙山については、得居通敦が高仙山城主として明応4年(1495)、遍照院へ寺領を寄進したという「遍照院文書」が最も古い記録です。
「河野家譜」など多くの資料では、池原通吉・通成を城主と記述しています。
城主を祀った山頂の池原神社もその名の通り、池原氏を祀ったものです。
舗装された車道が山頂直下までアクセスでき、広い駐車場や公園は郭跡を利用したものです。
山頂にもうひとつある神社・高仙神社の地には創建当時、加茂別雷神社と貴布祢神社が祀られていました。
加茂社は菊間に、貴布祢社は岩谷に遷座しますが、後に加茂社と貴布祢社を合祀した高仙神社が建てられました。

いずれのお山も登山道が整備され、アクセスは容易です。
特に無宗天山、高仙山は山頂まで車で訪れることができます。
無宗天山は砂利道ですが、高仙山は舗装路された林道と農道の2ルートが設けられています。
重茂山は県道から山頂まで400mほどの登山道が設けられています。
手軽で登れ、見晴らしが良いため、地元の小中学校の遠足や親子ハイキングの目的地になっています。
↑マウスで移動、拡大・縮小↑
菊間
28km 3km
1.7km 500m 1km 5.7km 大西山之内
松尾 大城寺 大城寺 光野 1.4km
800m 1km 1.7km
東山 無宗天山 重茂山
高仙山 1.7km 2.7km
34.2km 玉川町
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system