地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ石鎚山山行リスト一覧へ


土小屋登山口~小ピーク
距離 約2.5km
標高差 約190m
徒歩
下記写真

朝の土小屋です。
石鎚スカイラインの終点にある土小屋は、バスが何台も停められる駐車場や、旅館や食堂もある、人気の登山口です。
また、岩黒山、筒上山、丸滝山もここから登れます。
瓶ヶ森林道へ進めば、寒風山トンネルまでの間に、瓶ヶ森、東黒森、伊予富士、寒風山などを巡ることができます。

「ここは標高1492米(いよのくに)」

準備が整ったら、まず、石鎚神社の土小屋遥拝殿にお詣り。
※7月1日~10日の山開き大祭中はこちらで入山料を払います。

登山口は国民宿舎石鎚の方へ、歩道を少し歩いたところにあります。
右奥に見えるお山は瓶ヶ森。

いろんな案内が立ち並ぶ登山口からスタート。

緩やかな坂道が木立の中に延びてゆきます。



最初の道標。
「←石鎚山頂4.0km 土小屋0.6km→」

右下に見えた国民宿舎の屋根。
丸太をぶら下げたヘリコプターが
何往復していました。

尾根の上に出てまもなく-



国民宿舎へ下る分岐がありました。

「石鎚国定公園 石鎚山」

この辺りの傾斜は緩やかです。



「石鎚山頂3.6km→」
鶴ノ子ノ頭の東斜面をトラバース。
また、静かな木立を抜けてゆきます。

瓶ヶ森が時折、顔を見せてくれます。

崩れた所も。

「こんにちは。お先です」



木道も整備され、歩きやすい登山道です。



左の鶴ノ子ノ頭の尾根に合流するかのように、
少しずつ、高度を上げてゆきます。

「←土小屋1.6km 石鎚山頂3.0km→」



尾根と交差した場所の景色です。
山頂も見えています。

おねがい

・自分のゴミは自分で持ち帰りましょう。
・植物は手で取らず写真にとりましょう。
・歩きながらのタバコはやめましょう。
この美しい自然を守るのはあなたです。

松山営林署

ベンチがある最初の休憩場所。

「←土小屋へ1800m」



台風の爪痕、根こそぎ倒された木の根を迂回すると、最初の汗のかき所、ササ原の坂道が始まります。

見晴らしが良くて、その分、夏は直射日光が燦燦と降り注ぎます。
階段がしばらく続きます。

「石鎚山頂2.6km」

振り返って。
中央は鶴ノ子ノ頭、左は岩黒山。

「←石鎚山頂2.5km 土小屋2.1km→」



階段地帯の踊り場みたいな休憩ポイント、五葉松休憩所。
心地よい風が通る木陰で一休みです。
お山開き中は救護所のテントが設けられます。

山頂は近いような、まだまだ遠いような…。

左にちょこっと見えるのは二ノ森

正面の1677m峰をクリアすれば傾斜もひとまず落ち着きます。
もうひとがんばり。



登山道前半、最後の急階段。

土小屋の南にある筒上山、手箱山ら愛媛・高知県境の峰峰も見えてきました。
中津明神山や四国カルストも遠望できます。



1677m峰の急坂をクリア。

1677mのピークを右に見送り、正面に石鎚山頂を見ながら進むと-

下る階段が現れます。


ブログパーツ
inserted by FC2 system