地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ

 淡路ヶ峠から
天山は、愛媛県松山市、道後平野のほぼ中央部にある四つの分離独立丘陵、天山三山と呼ばれる星岡山土亀山天山です。
ここでは隣接する東山を合わせ、四山で紹介します。

天山四山は、国道33号線、国道11号線、天山環状線に囲まれた狭いエリアにあります。
エリアを南北に分けて流れる小野川と川附川の、川附川の北側に土亀山と天山が、南側に星岡山が、小野川を挟んで東山があります。

この周辺は愛媛でももっとも初期に古代文化が興った場所のひとつで、天山・星ノ岡古墳群と呼ばれ、土器や銅鏡・鉄剣など多くの出土品が発見されています。

平地に点在するその様は数々の伝説や昔話の舞台にもなりました。

周辺は住宅街で、日に日に田畑が宅地に変わるなか、お山も都市化の影響を受け、姿を変えつつあります。
斜面の一部が造成され、宅地開発が進んだり、将来的には地図上から消えてしまう山があるかもしれません。

東側から

南側から
星岡山(ほしおかやま)
愛媛県松山市星岡
標高74m
別名・星ノ岡、薬師山
▲山頂の三角点データ
地形図名 松山-松山南部
種 別 三等三角点
点 名 星岡
緯 度 33°49′0″.1958
経 度 132°47′14″.4014
標 高 74.97m
所在地 愛媛県松山市星岡町薬師山乙240番地
星岡山は北東から南西へ四つの小さな頂きを持つ山です。
古くは五岳山とも呼ばれました。

近年、北側の頂きに建ったDoCoMoの電波塔が妙に目立っています。
城南高校のある山の東から南にかけての一面は広々とした田畑が残るおだやかな風景が拡がり、星乃岡温泉のある西から北にかけては住宅街となっています。

DoCoMo電波塔のある側には得善寺、辰岡神社、三角点のある南の山側には雲門寺、岡薬師堂があります。
南麓を、大きな黒い鯉の泳ぐ小野川が流れています。

岡薬師堂の奥にある山頂には、鎌倉幕府終焉のきっかけともなった星岡古戦場を記念した石碑が建っています。

東側から
土亀山(どがめやま)
愛媛県松山市福音寺
標高50m
▲山頂の三角点データ
地形図名 松山-松山南部
種 別 四等三角点
点 名 土亀山
緯 度 33°49′24″.6832
経 度 132°46′56″.7406
標 高 50.47m
所在地 愛媛県松山市福音寺町753-12番地
亀の甲羅のようなこんもりかわいいお山です。
見晴らしの良い東斜面は開墾されて畑になっています。
山頂は竹が生い茂り、静かです。
南側の墓地横から頂を目指すと、ロープ規制と「入ルナ」と手書きされた看板に迎えられます。

東山から
天山(あまやま)
愛媛県松山市天山
標高51m
※三角点はありません。
古くから信仰対象になったお山です。
『伊予国風土記』に、天上にあった山が二つに分かれて落ち、ひとつは奈良県の香具山に、もうひとつがこの天山になったという記述が残されています。

天山神社の北側から出土した天山北古墳は、開墾等により床面だけを残す状態で発見され、石室形態は不明でしたが、床面より奇跡的に銅鏡・鉄剣・子持付器台等が発見されました。

隣のグランドから
東山(ひがしやま)
標高約50m
※三角点はありません。
一帯は東山古墳公園(または星が岡公園)として整備されています。
ジャングルジムや滑り台、ゲートボール場、頂上には展望台や休憩所が設けられています。
休日は子供達の声があふれる公園です。

公園の名の通り、古墳が発見されました。
↑マウスで移動、拡大・縮小できます。↑
1.2km 勝山交差点
600m 千舟町 2km
1.7km
600m 300m 枝松
天山 100m 土亀山 1.3km
天山変電所 400m 200m
1km 天山
星岡山
東山 300m
東石井 400m
天山へ
伊予鉄バス
森松・砥部線
松山市駅 天山変電所西

土亀山へ
伊予鉄バス
都心循環東南線
松山市駅 小坂4丁目
伊予鉄バス
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system