おまけ。

北三方ヶ森から南三方ヶ森にかけて、たくさんの頂が連なっています。
地図を見ると伊之子山以外、名無しの無名峰となっています。

でも、今回、明治の古地図からたくさんの山名を発見することができました。
ホントは無名峰なんかじゃなかったんです。

北三方ヶ森~水ヶ峠、水ヶ峠~南三方ヶ森の二つに分けてご紹介します。

其の壱:北三方ヶ森~水ヶ峠

 『久米郡地図 地誌付から』から
  北三方ヶ森
  潰ヶ森
  皿ヶナル
  土居森
  焼ヶ峠
  黒松ヶ森
  マキガモリ
  佛ヶ森
  大佛
  水ヶ峠
たった3.5kmの距離にたくさんの山名、峠が書き記されていました。
温泉郡と越智郡の境界線だった影響もあったのかと思います。
山名がたくさんあると云うことはそれだけ人の出入りも多かった証拠です。

現代の地図は、

殺風景。

上記の山名を当てはめると、

こうなります。
本来はとても賑やかなのです。

北三方ヶ森~水ヶ峠間は、“四国のみち”として登山道が整備されています。
長~い階段が辛かったりしますけど。
地名がなんにもないところを延々歩くより、
小目標をひとつひとつクリアしていける分、励みにもなるかも。

其の壱:水ヶ峠~南三方ヶ森

 『久米郡地図 地誌付から』から
  水ヶ峠
  三ッ口ノ森
  左谷ノ森
  子シレヲノ森
  赤潰ノ森
  長板ノ森
  馬ヶ峠
  クチワルノウネ
  魚谷森
  南三方ヶ森
こちらは4.3km、やはりたくさんの山名、峠が書き記されていました。
昔から松山、今治の大切な水源の森林地帯だったため、いまでは国有林として管理されています。

←これが、
 こうなります。→
こちらもとても賑やかです。
伊之子山は、昔は三ッ口ノ森と呼ばれていたようです。

水ヶ峠~伊之子山間は登山道があります。
けれど、伊之子山以南は、明瞭な登山道がありません。
尾根伝いなので、冬季なら歩きやすいでしょう。
ブログパーツ
inserted by FC2 system